#2 横浜グルメ「割烹蒲焼 わかな」

#2 横浜グルメ「割烹蒲焼 わかな」

こんにちは!BIGW@VEです!
今回は「グルメ」系の記事となります!

私自身、すごいグルメという訳ではないのですが、「同じくらいの料金払うなら美味しいご飯を食べたい!」というスタンスなので、コスパ良くて美味しい飲食店を発信できればと思います😋

土用の丑の日とは

皆さん、「土用の丑の日」の意味を知ってますでしょうか?
私は正直知りませんでしたw

とりあえず夏はウナギっしょ!
みたいなノリだったのですが、もちろんちゃんとルーツがあります。

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉だそうです。
昔の暦で「丑(ウシ)」と数えていたことから、「土用の丑の日」を土用の期間におとずれる丑の日として指していたことが由来のようでした。

なので、土用の丑の日も毎年変わり、1年に何回か訪れることになります!
(季節の変わり目ということですね!)
ちなみに今年は、2021年7月28日(水)が土用の丑の日」に該当します!

土用の丑の日にウナギを食べる理由は、簡単にいうと
季節の変わり目は風邪を引きやすいから、ウナギを食べて栄養を摂ろう!

ということらしいですw 考えた人優しいな!

あと一説には、夏に鰻屋の売り上げが落ちやすいということで、コピーライティング的に考えたという由来もあるようです。バレンタイン的な発想で素晴らしいですね!

ということで前置きが長くなりましたが、先日伺った鰻屋さんが恐ろしく美味しかったのでご紹介させていただきます!

割烹蒲焼「わかな」さん ご紹介

横浜の関内駅から徒歩1分に位置する割烹蒲焼「わかな」さん。(食べログ3.58!!)
150年近くの歴史を誇る横浜の名店です😋

13時過ぎに到着して4組ほど並んでおりました。(昼は予約ができない?ようです)
落ち着いた佇まいで、客層は年齢高めな方々が多かったです!

メニューは古風な感じ(ちょっと読めない)

もちろん「うな丼」をチョイス👍
緊急事態宣言前だったので、瓶ビールと白焼(志ら焼と書く)も追加で🍺w
(嫁のご馳走ということもあり、ちょっと調子こき散らかしました)

衝撃的に旨い!!!!!!!!!!!!!!脂がすんごい。

白焼って何気に初めて食べたんですが、旨すぎる。
ワサビを付けて食べるとかお洒落すぎる。
つけダレに付けても旨すぎる。

これはもちろん🍺とセットで最強になります。
鰻本来の美味しさを味わうためには「白焼!」と言ったりしますが、大人になってなんとなく理解できた気がします。子どもには分からん魅力かもしれない。

そしてうな丼です😋

まずデカイ。インパクトがすごい。存在感がエグい。
そして香りがすごい。香りだけで白飯2杯いけてしまう。

これご飯1,5合くらいあるんじゃないかな。
女性は正直食べきれないと思いますw
(実際に隣の中高年の方々は残したものをテイクアウトしてました)

鰻もタレもとにかく最高。
もう幸せとはこういうことをいうんやなと。
「幸せ=鰻」という方程式ができてしまいそうです。

あと個人的には米が超旨いなーと感じました。
タレと絶妙に合う炊き方にしているんだと勝手に思っています。

そして赤だし?の味噌汁がまた良い感じの引き立て役で、場を盛り上げていきます。

瓶ビールも2本目追加でフィニッシュしました✌️
鰻とビールは本当に絶妙ですねー。

金額は正直安くありませんが、記念日や贅沢したい日にうってつけのお店かと思います!
今のシーズンはかなり混んでいると思いますが、美味しい鰻を食べたい方には超オススメです👍

お店概要

  • 店名:割烹蒲焼 わかな
  • ジャンル:鰻、和食
  • アクセス:関内駅から徒歩1分
  • 予算:5,000円〜6,000円程度(お酒飲むなら)